こだわりを無くす

  • 2次会

    結婚式場で式を挙げるのはお金がかかるものというイメージが強いですが、最近ではそのイメージが覆りつつあります。結婚式場と披露宴会場は別々、移動も自分でやり、ドレスは一着しか着ないなど、こだわりを減らせば減らすほど驚くほど低価格で実現できるものになってきています。上記の内容ですと10万程度で実現することができます。教会とレストランを自由に組み合わせてスケジューリングしてくれる中間管理会社のような企業の場合ですと、自由度も高く自分なりに式と披露宴を作り上げることも可能です。 また、写真スタジオが式と披露宴も営むことも珍しくなくなっています。この場合は、なんといっても写真の完成度と安心感がひときわ大きく、結婚式場・披露宴の中で特に写真にこだわりつつ安く抑えたい場合にはこちらのようなプランで考えてみるのもいいでしょう。

    式だけを挙げるのであれば5万円程度で可能なサービスも存在しています。駅からのアクセスのしやすさや、ドレスの選択肢の広さ、式場の広さやゴージャスさは選択肢が非常に狭まってしまいますが、ここだけはゆずれないというポイントはいくらかオプション価格でお金を払えばプラスアルファで実現することができます。 また、従来どおり同じ敷地内で挙式を挙げ披露宴を開きたいという場合でも、基本パックで10万円などのプランがあります。しかし実際には、参加者の人数×食事代で親族のみでも15万円程度、引き出物で5万、会場を飾るための生花10万、写真撮影5万などで結局50万円程度かかってしまう場合があります。やはり、結婚式場のどこにお金をかけ、どこで抑えるのかを明確にしなければなりません。